血液の循環をよくしてくれるのはにんにく卵黄

血液の循環をよくしてくれるのはにんにく卵黄

最近、体が冷えて元気がない方や手足の冷えがひどくなって、つらい方、手先足先が冷えて痛くなるほどで眠れない方には、にんにく卵黄がおすすめです。

 

女性は冷え性の人が多く、真冬になると手足が冷えて、手足から冷えが上がってきて、体がカチカチになってしまったり、寒くて寝付けなかったりすることがあります。
ひどい人では、夏になっても足先が冷えて、暑いはずなのに厚手の靴下が手放せなかったり、感覚がなくなってしまったりすることもあります。

 

冷えが、どんなに靴下を重ねて履いても、厚着をしてもなかなか解消できないので、つらい思いを毎日しながら、我慢し続けているという人も多いのです。
冷え性は、筋肉不足や血行不良、自律神経の乱れなどが原因になっていることが多く、厚着では解消できないことがあるので、つらいのです。 
体温は、筋肉で生み出されるため、筋肉が少なければ、熱を作り出すことができなくなってしまい、体温を上げることができずに、冷え性になってしまいます。
また、筋肉の力により発した熱は、血液を介して体の隅々に届けられるので、血行不良を起こしてしまうと、熱を体の隅々に届けることができなくなってしまいます。

 

特に手足の指先には、血液が届きにくくなるため、熱を届けることもできません。

 

また、自律神経はストレスを受けるとすぐに乱れてしまい、自律神経の役割のひとつである、体温を上昇させることができなくなり、冷え性になってしまいます。
にんにく卵黄には、上質なたんぱく質が多く含まれているため、筋肉の材料になり、しっかりとした筋肉を作ることが期待できます。

 

筋肉量が増えると、自然に体の熱を生み出すことができるので、稗を改善することができます。

 

にんにく卵黄には、血液の循環を促進する効果がある、硫黄化合物が含まれているため、血液の循環が良くなり、熱が全身に伝わり、つらい冷えの症状を改善することができます。
また、にんにく卵黄には、自律神経の働きを正常化させる作用があるため、にんにく卵黄は冷えによく、健康家族のにんにく卵黄がお勧めなのです。